安くて簡単、体もよろこぶ美味しいレンズ豆のスープ。

なんとなく肉ばかり食べる日が続いたら作るレンズ豆のスープ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた適当なレシピなのですが、レンズ豆1カップで4人分ほどのスープがつくれます。

レンズ豆を2時間ほど水に浸してふやかした後にさっと洗い、鍋にレンズ豆、ニンジン、セロリ、玉ねぎ、トマトかトマト缶が浸かるぐらいの水を入れてアクを取りながら煮込んで塩コショウで味を調えるだけ。

もちろんソーセージや肉を入れても美味しいです。

ちょっと日本人には抵抗がある食べ方かもしれませんが、ザクザクとレッドオニオンをスープの上で刻み入れ、りんご酢をたっぷり振りかけて食べます。

りんご酢の酸っぱさとオニオンの辛さがないと物足りなく感じてしまい私はギリシャ人並にたっぷり振りかけます、食べた後はもちろん口が臭くなるので気心知れた仲で愉しく食べる料理ですね。

義理の妹にフレッシュオニオンを半年食べ続けたら口が臭くならなくなると教えてもらったのですが、一年以上たった今、そんなことはありませんでした。

レンズ豆は低カロリーで食物繊維、マグネシュウム、カルシュウム、タンパク質、ポリフェノール、鉄分、葉酸と積極的に摂取したい栄養素がぎっしり。

このレンズ豆、日本にいるときは料理に使ったことなかったのですがヨーロッパ辺りではスープやサラダにして食べるそうです。







コメントを残す

Back to Top